薬師寺まほろば塾

  HOME > 推進の会について > ごあいさつ

推進の会について

文字サイズ
  • 標準
  • 大

ごあいさつ


薬師寺まほろば塾推進の会
副会長(会長代理)  老川 祥一

 「まほろば」は、古事記に記された大和(奈良)にかかる枕詞で「すぐれた、美しいところ」という意味を持ちます。
 我が国は戦後、高度経済成長を基盤として成熟してきました。それによってモノの豊かさは実現できましたが、反面、自己中心主義や人間不信など新たな諸課題が生まれ、今日の社会情勢はますます混迷の一途をたどっています。こころを病む現代日本の社会の中で、人々は「おかげさま」という共生の精神を忘れてしまったとさえ感じます。
 まほろば塾は、「物で栄えて心で滅びる」ことを憂いて〝こころのまほろば〟の大切さを説かれた故高田好胤管長の精神を継承し、安田暎胤管主(現長老)を初代塾長として、2004年に立ち上げられました。そして薬師寺僧侶に受け継がれ、全国各地での講演会などを通じて、日本人の温かい、豊かなこころを取り戻す活動を続けています。
 この活動が人々の信頼を得て支持され、さらに大きく発展するために、財政面で支援しようと設立されたのが推進の会です。
 将来、我が国が世界に誇れる「まほろば」になるよう、皆様方のご賛同、ご協力をよろしくお願いいたします。


開催予定
カテゴリー





開催地区





開催済(2013年度以降)
年度


カテゴリー





開催地区



2012年度以前の開催塾一覧